CHUCK TAYLOR HISTORYチャックテイラー ヒストリー

1917年に創業者「マーキス・M・コンバース」により、
バスケットボール専用シューズとして生産が開始された「CONVERSE ALL STAR」 。
通称「 Chuck Taylor 」は、アメリカのプロバスケットプレーヤー「チャールズ・H・テイラー」が
オールスターを着用したことから普及しました。
完成された機能とフォルムゆえに、誕生から100年を超えた今も、その姿はほとんど変わることなく、
世界中のあらゆる人、シーン、スタイルから支持されています。
100年に渡る、その歴史をたどってみましょう。

1917 - 1976

1917

ABOUT1923

ABOUT1925

1928

1930

1930s - EARLY1950s

1931

1933

1934

1935

1936

1946

1953

1957

1959

BEFORE1960s

LATE1950s - ABOUT1962

1960s

1962

1969

1970s

1971

LATE1970s - EARLY1990s

1976

Comming Soon...
続きは8月下旬公開予定

RELATED PRODUCTS関連商品

1917

「CONVERSE ALL STAR」が誕生。

100年もの長きに渡り、愛され続けるエポックメイキングなシューズ「オールスター」。創業者「マーキス・M・コンバース」の手により、バスケットボール専用シューズとしてこの年の4月2日、生産が開始された。

ABOUT1923

現存する世界最古の「キャンバスオールスター」。

最古の「キャンバスオールスター」として、ボストンにある「コンバース」本社に大切に保存されているのがこちらのモデル。おおよそ1923〜24年にかけて生産されたものと推定され、アンクルパッチには「CONVERSE RUBBER SHOE COMPANY」、ヒールラベルには「CONVERSE NON-SKID」という表記が入る。現行品とほぼ変わらないその姿から、いかに「キャンバスオールスター」の完成度が高かったかを伺い知ることができる。「ALL STAR」の表記すら見当たらないものの、「キャンバスオールスター」の原点であることには間違いない。

ABOUT1925

「CONVERSE」の頭文字「C」がポイントとなるアンクルパッチのデザイン。

バスケットボール時のくるぶし保護のため内側に取り付けられたアンクルパッチ。最初のアンクルパッチはアルファベットの「C」を象ったものに「CONVERSE BIG C LINE」という文字が入ったもので、お馴染みの星マークはまだ登場していなかった。

1928

「オールスター」を象徴する星マークが初めてアンクルパッチに入る。

「オールスター」のシンボルとも言うべきお馴染みの星マークがアンクルパッチに入るようになったのは1928年から。当時は「Converse Athletic Shoes」という文字が中央の星マークを囲むシンプルなデザインだった。

1930

レディース用の「オールスター」が発売。

女性のバスケットプレイヤーに向けて、ホワイトアッパーの「オールスター」が発売される。

1930s - EARLY1950s

「Chuck Taylor(チャールズ・H・テイラー)」の名前が加えられた最初のヒールラベル。

バスケットボールと「オールスター」の普及に貢献した「Chuck Taylor(チャールズ・H・テイラー)」の名前が初めてヒールラベルに記載された年。1950年代中頃〜1950年代後期になると、中央の「Chuck Taylor MODEL」という表記から「MODEL」という文字が排除された。

1931

アンクルパッチの文字が大文字に変更。

星マークは変わらなかったが、全ての文字が「CONVERSE ATHLETIC SHOE」と大文字表記に。文字も「Shoes」という複数形から「SHOE」の単数形に変更された。

1933

ソール部分に2つのベンチレーションホールが付く。

シューズ内にこもる熱や湿気を逃がし、通気性を確保するためベンチレーションホール(通気孔)が導入された。シューズの内側に2つ付くという基本的な構造は現行品と変わらないが、初期はゴムでできたソール部分に付けられており、位置が異なっていた。

1934

クッション性向上のためインソールに「AIR-FLO INSOLE」を導入。

細かい気泡入りのクッション素材「AIR-FLO INSOLE」を採用。これにより、インソールのクッション性がアップした。

1935

「BLACK LEATHER ALL STAR」が登場。

キャンバスに並ぶ2トップ商品として発売される。柔らかく伸縮性のあるレザーが採用されていた。

1935

アンクルパッチの星マークの中に「CX」の文字が追加。

基本的なデザインは1931年と変わっていないが、中央の星マークの中に「CX」の文字が追加された。

1936

ベルリンオリンピックで「オールスター」を着用したU.S.A.バスケットボールチームが優勝を果たす。

バスケットボールが初の正式種目となったベルリンオリンピック。この大会でU.S.A.バスケットボールチームがホワイトアッパーにソールがトリコロール配色の「オールスター」を着用し、見事優勝を果たした。以来、U.S.A.バスケットボールチームは長きに渡り、「コンバース」を着用するようになる。

1946

アンクルパッチ内に「ALL STAR」と「Chuck Taylor」の文字が初めて登場。

第二次世界大戦の終了と共にアンクルパッチのデザインが一新。「ALL STAR」の文字と、プロバスケットボール選手として活躍した「Chuck Taylor」の名前がアンクルパッチに初めて刻印された。彼がいなければ、今日のバスケットボールと「オールスター」の人気は無し得なかったと言っても過言ではないだろう。

1953

アンクルパッチに記載された「Chuck Taylor」の文字が星マークの中に移動。

1946年に刻印されるようになった「Chuck Taylor」の文字が、中央の星マークの中に入るようになった。画像は1950年代の「チャックテイラー」。

1957

オックスフォードモデルの製造開始。

「オールスター・オックスフォード」という名称でローカットモデルが初めてお目見えする。それ以前はハイカットのものしか存在しなかった。諸説あるが、ローカットモデルがオックスフォード「OX」と呼ばれるのは17世紀中頃、オックスフォード大学の学生により履かれていた“紐で結ぶローカットシューズ”が由来とされる。

1959

アンクルパッチの「Chuck Taylor」の文字が星マーク上の左右に分割。

1959

つま先に重りの入った「ウェイト・オールスター・トレーナー」が登場。

つま先部分にあえて重りを付け足の筋力を鍛えることを目的とした「ウェイト・オールスター・トレーナー」。履くことでジャンプ力がアップすると当時宣伝していた。

BEFORE1960s

茶色に白の曲線が入った初期のインソール。

「CONFORT ARCH」、「CUSHION HEEL」など、機能を全面にアピールしたインソール。50年代まで、アメリカのブランドの多くは国内でのみ生産、製造を行っていたためMADE IN U.S.A.の表記がインソールにはまだ入っていない。

LATE1950s - ABOUT1962

3つの星が対角線上に並ぶ“三ツ星”ヒールラベル。

1960年代に使われていた通称“三ツ星”と呼ばれるヒールラベルの中でも、2つの小さな星マークが対角線上に入る初期のもの。

1960s

3つの星が横に並ぶ“三ツ星”ヒールラベル。

中央の大きな星マークと2つの小さな星マークが入ることから“三ツ星”と呼ばれている。

1960s

茶色に白の曲線が入ったインソールにMADE IN U.S.A.の文字が追加。

1962

アンクルパッチの「Chuck Taylor」の文字が星マークの左右に分割して入り、現行の「オールスター」のベースとなるデザインが完成。

アンクルパッチのデザインは最初期から現在のものに至るまで少なくとも7回変更されており、現在の「オールスター」のベースとも言えるデザインになったのは、意外にも古く1962年のことであった。

1969

アンクルパッチの星マークの下に「®(レジスターマーク=登録商標)」が追加。

1970s

2つの小さな星がなくなった“一ツ星”ヒールラベル。

2つの小さな星マークが廃止され、通称“一ツ星”と呼ばれているヒールラベルに変わる。中央の星マークの下に「®(レジスターマーク)」が追加され、MADE IN U.S.Aの文字が下部の左右に分割して入る。

1970s

青枠に黒文字のシンプルなデザインに刷新されたインソール。

デザインが刷新され、ホワイトをベースに「CONVERSE®」のブランドネーム、MADE IN U.S.A.の表記のみのシンプルなものになった。

1971

カラーバリエーションが増え、全8色のラインナップに。

「オールスター」は当初ブラックとホワイトの2色展開であったが、1966年になるとゴールド・グリーン・オレンジ・レッド・ブルー5色のカラーバリエーションが追加され、1971年にはライトブルーが加わり、全8色のラインナップとなった。各チームのユニフォームに合わせて、カラーバリエーションが広がった。

LATE1970s - EARLY1990s

インソールの黒文字が青文字へと変更。

1976

ヒールラベルがホワイトに。デザインも刷新。

ヒールラベルがホワイトに変わる。「Chuck Taylor」の文字が消え「ALL★STAR」の文字へと変更。ラベルカラーと共にデザインが刷新された。