人気のキーワード

ALL STAR /ALL STAR 100 /ALL STAR J /MICKEY MOUSE /GORE-TEX /COUPE /PRORIDE /BIG C

JACK PURCELL HISTORYジャックパーセル ヒストリー

バドミントンワールドチャンピオンシップに輝いた、
伝説のバドミントンプレイヤー「ジャック・パーセル」が開発に携わり、誕生した「JACK PURCELL」。
現在では、当たり前となっているシグネチャーモデルの先駆けとも言われています。
トウ先端の“スマイル”やヒールラベルに入った“ヒゲ”と呼ばれるアイコニックなディティールと、
履く人を選ばないシンプルでクリーンなデザインは、多くの著名人にも愛用され、
今なお、多くの人々に支持され続けています。

1935

ABOUT1940s

ABOUT1950s

1960s

1970s

1973

1975

1976

ABOUT1980s

1988

1990s

EARLY1990s

LATE1990s

2005

2015

RELATED PRODUCTS関連商品

1935

「ジャックパーセル」第1号モデルが誕生。

発売自体はスポルディング社であったが、製造はタイヤメーカーのB.F.グッドリッチ社が請け負っていたとされている。

ABOUT1940s

ヒールラベルのないジャックパーセル。

ヒールラベルはなく、ガムソールが採用されていたモデル。笑った口のように見えることから、通称“スマイル”と呼ばれているトウ部分も現行とは異なる仕様。アッパー内部には、通気性をうたった「VENTILATED UPPERS」の文字と特許ナンバーが記載されている。1940年代にB.F.グッドリッチ社によって製造されていたものと推測される。

ABOUT1950s

緑の文字で「Posture Foundation」、「BF.Goodrich」の社名が入るインソール。

インソールは2層構造になっており、粗めのキャンバスと光沢感のあるコーティングキャンバスが採用されていた。

ABOUT1950s

立体的なプリントで「Jack Purcell」の文字だけが入るヒールラベル

ソールは、ガムソールからホワイトのラバーソールに変更される。

1960s

トレードマークの1つ、通称“ヒゲ”が登場。「Jack Purcell」の文字が立体的に入るヒールラベル。

三角形が2つ並ぶデザインがヒゲのように見えることから “ヒゲ”の愛称で親しまれているヒールラベル。実はこのデザイン、土踏まずの内側をやや硬く高めに、外側を柔らかく低めに設計したインソール「Posture Foundation」システムを図案化したもの。土踏まずが支えられることで、正しい姿勢を保ちやすくなっている。文字部分はラバーで立体的。ソールは、ホワイトの「スラブソール」を採用したものもあった。

1970s

B.F.グッドリッチ社とコンバース社のシューズ部門が統合。コンバース社から「ジャックパーセル」を販売。

この時代のソールは水色で「ヘリンボーンソール」と「スラブソール」の2種類が展開されていた。

1970s

「★CONVERSE」ロゴが入ったインソール。

B.F.グッドリッチ社とコンバース社のシューズ部門の統合により、「BF.Goodrich」の社名が消える。

1973

「オックスフォード」に加え、「ウィンドジャマー」「バンテージ」「クーレイア」「レースアラウンド」「ラリー」5つのモデルが登場し、バリエーションが広がる。

定番のフォルムと、シンプルなデッキシューズのようなフォルムの2型に加え、ソールとワイズもそれぞれ2パターン用意された「オックスフォード」。デッキシューズモチーフの「ウィンドジャマー」。アッパーサイドがテーピングで補強された「バンテージ」。メッシュとスエードを組み合わせた「クーレイア」。スポーツカーをイメージした「レースアラウンド」。“シェブロンストライプ”と呼ばれるツートンカラーが特徴的な「ラリー」。5つの個性的なモデルが揃い、「ジャック・パーセル」のバリエーションが一挙に広がった。

1975

「コーチテニス」をリリース。

アウトソールのネーム部分は星マークになっていた。スエードとレザーの2種類で展開された。

1976

「マッチポイント」「ラリーⅡ」「アドバンテージ」を発売。

インソールがフルスポンジになったモカシンタイプの「マッチポイント」、つま先に「RALLY」のプリントが入った「ラリーⅡ」、アッパー全体がメッシュ素材になった「アドバンテージ」の3種が発売された。

ABOUT1980s

全面キャンバス仕様に一新されたインソール。

仕様の変更と共に、「Posture Foundation」と「★CONVERSE」のみが表記された、よりシンプルなデザインにアップデートされた。

1988

カラフルなパイル地仕様の「ジャックパーセル クラシック」が登場。

ピンク、ミント、イエローなどレディス向けのモデルが充実。ソールやスマイルマークもアッパーカラ-に合わせた仕様になっていた。

1990s

文字表記が「CONVERSE®」のみのインソール。

文字の色が緑から青に変更。「CONVERSE®」のブランドネーム「O」の中に星のマークが入ったシンプルなものに刷新される。

EARLY1990s

スリップオンが登場。

トウの“スマイル”だけが付き、トウキャップのないスリップオンが 1990年に登場。その後の1993年には、トウまわりのデザインはそのままに、スリップオンにアレンジしたモデルが発売される。

LATE1990s

カラーや素材のバリエーションがさらに広がる。

キャンバスのカラーバリエーションはもちろん、パイル地やヌバックなど、素材のバリエーションが広がる。チェック柄やパット入り、ミッドカットモデルなど、新たなスタイルを次々と発表する。

2005

「ジャックパーセル」生誕70年を記念して大幅にリニューアル。

クッション性の高い取り外し可能な「カップインソール」、細かな波型の切れ込みが入った「ウエーブスリットソール」を新たに採用。従来よりも片足あたり約70gの軽量化が実現。トウの“スマイル”ラインやヒールラベルの“ヒゲ”は継承しつつ、機能面をアップデートさせた。

2015

生誕80年記念モデルとして「TimeLine」シリーズから「ジャックパーセル 80」を発売。

歴史を塗り替える新たなマスターピースを提案する「TimeLine」シリーズから、生誕80年を記念して「ジャックパーセル 80」を発売。ラストやアウトソールはもちろん、“スマイル”の形状やテープ幅に至るまで、1980年代当時のディティールを忠実に再現した。